とよかわオープンカレッジについて

とよかわオープンカレッジは、知識や特技など自分の得意なことを教えたい方が講師となり、学びたい方が受講する学習者同士のつながりによって育まれる、市民が主体となって運営する学びの場です。

キャッチフレーズ

穂の国に 学びふれ合う みんなの輪

意義

  • 市民でつくる学びの場を創設し、生涯学習の活性化を図る
  • 生涯学習へ取り組む「きっかけ」をつくり、教えてみたいという「夢」をかなえる場を提供する

目標

  • 市民の学習機会を拡大する
  • 市民の学習成果を活用し、地域社会の活性化を図る
  • 市民主導による生涯学習事業を推進する
  • いろいろな人との出会いを通じて、自己の視野を拡大する場とする
  • 自身を磨く、自己鍛錬の場とする
  • 文化、芸術、教養が身近にある生活をつくる

手法

  • 行政主導ではなく、市民が企画、運営を行う。行政はサポート役となり、事務局の支援を行う。
  • 運営される講座は、講師と受講生による共同運営であることを明確化し、両者が協力して運営するものであることを基本とする

とよかわオープンカレッジ運営組織図

組織図

講座について

通常講座と特別講座があります。

●通常講座について

  • 前期(5月〜10月)、後期(11月〜4月)の2期制。
  • 10回講座と5回講座があります。

●特別講座について

  • 各ジャンルの専門の方々による講座。