講座詳細

講座名 [35] 西洋美術鑑賞 イタリア・ルネサンスの美術
講座内容 中世の神中心の世界観から人間性を開放しようとした天才達の名作絵画をたっぷり鑑賞します。
曜日・時間 土曜日 14時00分〜15時30分
回数・受講料 5回分 2,500円
教材費 2,000円
教材費内訳 映像資料作成及び配布資料代
会場 桜ヶ丘ミュージアム
持ち物 筆記用具
備考

講師紹介

講師名 宮本 昭義
カレッジ講師経験 10期
免許・資格 西洋美術について興味深く解説できる。講師歴10年(NHK文化センター(名古屋、豊橋)、とよはし中日文化センター、豊橋市生活家庭館・地区市民館、とよかわオープンカレッジ他) 免許:高専普外国語(高校・英語)、中1普外国語(英語・ 仏語)、高2普外国語(仏語)
特技・自己PR 水彩画を中学時代に石川華香氏に学ぶ。大学でフランス文学を専攻。愛知県立高校定年退職後、大学で美術史・美術概論、西洋史、西洋精神史、フランス古典劇、英仏文学、フランス語、ドイツ語を再度聴講。英語の教員歴49年(県立高校43年、田原市立田原福祉専門学校3年、人間環境大学6年)。豊橋市美術博物館作品解説員。豊橋市美術博物館展示解説シートを英訳。

講座内容

※講座内容につきましては変更となる場合がございます。

日程 内容
5月20日 ジョット/14世紀初頭、絵画様式を「神中心」から「人間中心」へと大転換させた
6月17日 フラ・アンジェリコ、フィリッポ・リッピ/清明・優雅な聖母子像を描いた二人の画僧とヒューマン
7月15日 ピエロ・デッラ・フランチェスカ、ラファエロ/数学者ピエロ対ラファエロ
8月19日 ミケランジェロ/ルネサンスの最高峰・バロックの先駆者。生前から「神の如し」と畏怖された
9月16日 ティツィアーノ/国王など最高権力者を顧客として総なめにした後期ルネサンスの巨匠