講座詳細

講座名 [151] 西洋美術鑑賞 印象派を超えた画家たち
講座内容 ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、点描の創始者スーラ、抽象画の創始者モンドリアンを解説します。
曜日・時間 土曜日 14時00分〜15時30分
回数・受講料 5回分 2,500円
教材費 2,000円
教材費内訳 映像資料作成及び配布資料代
会場 桜ヶ丘ミュージアム
持ち物 筆記用具
備考

講師紹介

講師名 宮本 昭義
カレッジ講師経験 12期
免許・資格 西洋美術について興味深く解説できる。講師歴11年(NHK文化センター(名古屋、豊橋)、とよはし中日文化センター、豊橋市生活家庭館・地区市民館、とよかわオープンカレッジ他) 免許:高専普外国語(高校・英語)、中1普外国語(英語・ 仏語)、高2普外国語(仏語)
特技・自己PR 水彩画を中学時代に石川華香氏に学ぶ。大学でフランス文学を専攻。愛知県立高校を定年退職後、講師をしていた大学で美術史・美術概論、西洋史、西洋精神史、フランス古典劇、英仏文学、フランス語、ドイツ語を聴講。英語の教員歴49年(県立高校43年、田原福祉専門学校3年、人間環境大学6年)。豊橋市美術博物館作品解説員。豊橋市美術博物館展示解説シート英訳。NHK文化センター名古屋教室講師(現在5年目)。

講座内容

※講座内容につきましては変更となる場合がございます。

日程 内容
5月19日 ゴッホ/神々が住まうが如き理想郷「芸術家村」を日本と南仏アルルに求め挫折。絵に画家自身の情念を叩き込み絵画芸術に新たな心象の世界を加えた。
6月16日 ゴーギャン/有能な航海士・株式仲買人が35才にして画家に転向。「堕落した」西洋文明を嫌悪、原始に理想美を求めた。装飾絵画の先駆者でもあった。
7月21日 セザンヌ/伝統的様式に基軸を置きつつ、印象派との統一を目指した。恒久的な美の追求と、造形面で多くの実験を試み、ピカソに大きな影響を与え,キュビスムの基点となった。
8月18日 スーラ/印象主義の絵画に科学的根拠を与え、秩序ある恒久的な芸術一静謐で詩情豊かな画面一を創造した。点描技法の創始者、新印象主義の代表者。
9月15日 モンドリアン/幾何学的抽象絵画の創始者。色彩を固有色から解放し、純色の平面と直線のみで感動や癒しを与え、リズムやハーモニーを奏でる画面を創造した。