講座詳細

講座名 [72] 文学作品&事件で見る働くときに大切なこと
講座内容 文学に描かれた様々な働き方、世間を騒がした労働事件、働くときの知恵袋をそこから見出します。
曜日・時間 土曜日 10時00分〜12時00分
回数・受講料 5回分 2,500円
教材費 200円
教材費内訳 資料代
会場 桜ヶ丘ミュージアム
持ち物 筆記用具
備考

講師紹介

講師名 岩手 清
カレッジ講師経験 新人講師
免許・資格 ・特定社会保険労務士 ・1級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・CFP
特技・自己PR 文学鑑賞は素人ですが、そこには「働く」ということを考えるヒントが色々と見つかります。「働く」という観点からスポットライトをあてると、読む面白さも変わってきます。

講座内容

※講座内容につきましては変更となる場合がございます。

日程 内容
11月30日 その男(池波正太郎)
12月28日 電通事件
1月25日 次郎物語(下村湖人)
2月22日 ローマの休日(ヘップサンダル事件)
3月28日 蟹工船(小林多喜二)